髪を太くするためにすべきこと

髪も人生も太く、長く!育毛剤を使う前に気をつけたいこと

人生は「細く短く」よりも「太く短く」という方がいらっしゃいます。どちらかというと無茶を顧みないで、猛烈に突進する方がそういう事をおっしゃいますが、わたしはそのうちの二者択一をする必要なはなく「人生は太く、長い」人生を送ることは可能だと思っています。ただ、そうすることは決して容易ではありません。良い計画と、それにそった毎日の不断の努力が必要です。

育毛も同じです。太くてコシある髪がきちんと成長していくためには良い計画と毎日の努力が欠かせません。簡単にいうと毎日の生活習慣が髪の太さにも反映されるのですね。男性でも女性でも髪にコシがないと全体的に髪型がぺちゃっとしてしまって、髪の本数が例え平均的でもなんとなく老けて見えてしまうものです。では、どうしたら髪を太い、コシのある状態に保つことができるのでしょうか。

その鍵は血管を良い状態に保つということです。つまり、血管の詰まりのなくし、血流を良くし、取り入れた栄養分が、もしくは育毛剤に含まれている成分が髪の毛根によく届くようにしてあげることが必要です。そのためには具体的に何をすべきなのでしょうか。たくさんのことが関係していますが、ここで取り上げたいのは運動の大切さです。運動が大切なのはなにも育毛だけに限ったことはではありませんが、運動の価値は新陳代謝を良くすることにあります。新陳代謝とは細胞が生まれ変わり、更新されることとも言い換えることができると思いますが、これは血行と密接な関係があります。つまり新陳代謝が活発であれば、血行は良くなり、血行がよくなれば、新陳代謝は促進されるというわけです。

あと運動の効能としては、禁煙が促進されるということもあります。運動を定期的に行うようになると、自分の心肺機能に敏感になります。マラソンでも他のスポーツでも自分の体力に限界を感じると、もっと体力を回復させるためには何ができるだろうか、と自然に考えるようになるものです。そのなかで喫煙が自分の心肺機能にいかに悪影響を与えているかに今まで以上に敏感になりますから、自然と禁煙へのモチベーションが高まるというわけです。そして、喫煙は血行を悪くし、育毛にとっても大敵ですから、結果的には育毛にも良い影響があるのです。

さて、このようにまず運動によって育毛環境を整えた後、育毛剤を使うなら、その成分は血流にのって十分に髪の毛根に働き、予定されている最大限の効果を発揮することができるようになるでしょう。