敏感肌の人にとって適した育毛剤とは

敏感肌には、どんな薬も気がかりだけど、発毛剤については問題深刻!

敏感肌の方の場合、肌と薬品との相性は当然ながら気になるもの。特に育毛剤についてはことのほか心配なはず。しかし、敏感肌と言っても人によって原因にも症状にも違いがありますので簡単には語れないものです。

そこでまず、敏感肌とはなにかといえば、簡単にいってしまえば肌トラブルの起りやすい体質のことです。その原因の代表的なものは、主要な細胞間脂質であるセラミドが不足することにより、外部からの刺激に対する抵抗力が低下してしまうことによるものです。この場合皮膚の角質の水分保持力が低下し、皮膚の表面の皮脂膜も弱くなってしまいます。このような体質の素因とは、アレルギー体質であることが多いようです。

さてこのように外部の刺激に過剰反応してしまう敏感肌の方にとって、皮膚表面に外部から刺激を与えるような場合には、トラブルはつきものです。薄毛治療、特に育毛剤の塗布については問題は深刻です。

育毛剤の多くのものが毛根を刺激する働きを持っているわけですから、肌との相性が悪ければ深刻なトラブルの原因になることは眼に見えています。しかしそこで考え方を変えれば、育毛剤の別の面の働きとは頭皮環境の改善でもあります。この部分だけから言えば敏感肌への対応と、育毛には共通する対処法があるわけです。

とはいえ、敏感肌の体質には個人差が大きく、ベストな方法を見つけることは簡単にはいきません。それに、育毛治療の選択肢も非常に限られてしまいます。やはり刺激の少ない物の中から自分の肌との相性の良いものを選択するしかありません。

そこで敏感肌に相性の良い育毛剤を探すキーワードとして挙げられるのが、植物由来成分、無添加などです。かぎられた選択肢の中から自分にあった育毛剤を根気よく選ぶことが大切。敏感肌も薄毛もいわば慢性的な症状です。慢性的な症状に対処するには根気づよい習慣的な対応が肝心です。