溜まった皮脂を覗いて育毛剤を使うべき理由

溜まった皮脂を取り除いてから育毛剤を用いるべき理由

薄毛が気になりだしたからすぐに育毛剤を買いに走り、そして数週間ふりかけただけで、その効果を期待する、そんな方は少なくありません。それはまるで、英語を話せるようになりたい、と思った矢先に本屋さんに走り、リスニング教材を思いつくままに購入し、数週間聴き続けたから、英語が話せるようになるはずだ!といっているようなものです。

当然ながら、後者の願いがあまりに我儘であることは皆さん納得なさるでしょう、でも意外に育毛に関しては自分のやり方が理論的ではない、ということに気づかない人が結構いらっしゃるのです。では、ここですこし考えてみましょう。例えば、英語が話せるようになる、という目標を達成するためには最初になにが必要でしょうか。それは分析です。自分が英語を話せないのは単語力が不足しているのか、文法力が低いのか、それともリスニング力が弱いのか、などといったことを分析し、原因を探ることです。次に必要なのは、原因に合わせた対策をとることですが、いきなりとてつもなく難しい教材に手をだすべきではありませんよね。まずすべきことはリスニングならリスニング、文法なら文法で、基礎的な教材から始めることです。そして、基礎を固めた時点でより難しい、実践的な教材に入っていくわけです。

さて、育毛もまったく同じです。薄毛に悩む方は闇雲に、あるいは感覚的に育毛剤を購入するのではなく、まず自分がなぜ薄毛になってしまったのか、原因を分析してみてください。もちろん、遺伝という方もいらっしゃるでしょう。でも遺伝的要素があってもそれだけが決定的な原因となるわけではありません。それ以外にも食生活だったり、仕事上のストレス、睡眠不足など様々な原因が積み重なって薄毛は生まれます。それによって髪に十分の栄養が行き渡らない状況になってしまっているわけです。ですから、やるべきことは2つ。つまり、1.十分の栄養を確保すること、2.それがきちんと頭皮の毛根まで届くようにすることです。

1.に関しては主に食生活の改善、そしてサプリメントの使用などになるでしょう。そして2.に関して重要なのは頭皮の環境を整えるために皮脂を取り除いて、栄養がきちんと行き渡るようにすること、ということになります。そして、それこそが英語の習得における基礎を固める段階にあたる、とも言えるのです。これをしたのちに、いよいよ実践的な行動に移ることができるようになります。そういうわけで育毛剤の使用には皮脂を取り除くことがまず重要になるというわけです。では、皮脂を取り除くにはどうしたらよいのか、ということになりますが、これは正しいシャンプーのしかたを学ぶことに尽きます。この点、シャンプーを選ぶことだけに目が向いている方が多いですが、実はそれを使ってどう洗うか、ということも大変重要です。例えば、シャンプーをする前に十分お湯ですすぐだけで、かなりの汚れがとれるのですが、大勢の方がこれをあまりしておられません。また、最後にはトリートメントが必要なのですが、男性の多くの方は、「トリートメントなんて女性がするもんでしょ」と思い込んでおられます。実はトリートメントによって頭皮に保護膜が作られ、皮脂の増加を防ぐことが出来るのです。

このように段階的に育毛というプロジェクトを進めれば、時間はかかるかもしれませんが、きっと成功します。ふさふさの髪をめざして、一歩一歩着実な歩みを続けてください。