プロシペアは効果があるのか

話題の「飲む育毛剤」プロペシア、その効果の真相に迫る!

2005年に日本でも解禁になった「飲む育毛剤」プロペシア、数々の体験談を聞くと「振り返る育毛剤」よりも効果的であるとの印象を受けます。実際のところはどうなのでしょうか。これからプロペシアの使用を考えておられる方がいらっしゃったら下記の情報を参考にしていただけましたら幸いです。

プロペシアの主成分はフィナステリドで、もともとは前立腺治療に用いられていた医薬品です。まず注意すべきは医薬品ですから、副作用が出る可能性があるということです。もっとも国内でプロペシアの深刻な副作用は一件も報告されていません。多くの方がおっしゃるのはだるさや動悸、あるいは性欲の減退などですが、これは本人の自覚症状によっているところが多いですから、かなりの個人差があると言わざるを得ません。

あと副作用ではないのですが、プロペシアの使用を始めてから「初期脱毛」という言われる期間があることが知られています。これも全員が全員が出るわけではないですが、この期間をきちんと思いに停めておかないと、プロペシアの使用を始めて余計抜け毛がひどくなった!と使用を停止してしまう可能性があります。

さて、このプロペシアですが、最低半年は使用することが勧められています。一般的は仕様から3ヶ月が経過したころから効果をすこしずつ実感できるようになり、半年後にはほとんどの方が髪が増えた感じを味わえると言われています。ですから、逆に言えば、半年たったときにも何らの経験を実感できなければ、プロペシアはあなたには合わなかった、ということになりますので、使用を停止したほうが良いでしょう。

プロシペアは保険の適用がありませんので、医療機関で処方してもらうと費用がかかるのが頭の痛いところです。それで大勢の方がかなりの安価で購入できる通販を利用されていますが、通販では偽物を掴まされないように気をつけてください。

最終的には実際に試してみないと自分にとって効果的かわからないというのが正直なところでしょう。しかも一定期間の使用が必要ですから、忍耐強く取り組んでください。