養毛剤、発毛剤、育毛剤の違い

教えてほしい!養毛剤、育毛剤、発毛剤、一体どれが「生える」の!?

星の数ほどある育毛剤の類、でも知りたいことは一つ、一体どれが効果があるの?ということではないでしょうか。特に忙しい現代人、最小限の投下コストで最大限の効果を得たい、というのが本音ですよね。その上で知っておかねばならないのは「育毛剤」「養毛剤」「発毛剤」の違いです。日本語だけをみると「育毛剤」は髪を育てる、「養毛剤」は髪を養う、「発毛剤」は髪を発生させる?ということになるでしょうか。こうやってみてみると一番効きそうなのは「発毛剤」です。そして、実際に発毛剤は「医薬品」として薬事法において分類されています。副作用の可能性もありますので、処方するには医師や薬剤師の説明が必要です。ドラッグストアで購入するときに本当はこっそり買いたいのに、わざわざ薬剤師から「発毛剤」を受け取らなければならないのはこのためです。

さて、わかりづらいのはあとの2つです。髪を「養う」のと「育てる」のはどっちが効果があるのでしょうか。これは結局のところ、どちらが効果があるのか、というよりどちらが医薬品に近いのか、ということになりますが、「育毛剤」は医薬部外品に指定されており、穏やかな薬効成分が含まれています。これに対して、養毛剤は医薬成分を含んでおらず、これは「化粧水」と同じようなものとして分類されます。

薄毛を病気類似の状態と考えるべきか、は人によって分かれるところでしょうが、もし薄毛を「発症」しているなら、発毛剤を用いたほうが効果的でしょうし、まだ今のところ、大丈夫だが、徐々に心配になりだしている、というなら育毛剤、全く心配していないが、日頃のお手入れのために、というなら養毛剤ということになるのでしょう。

まずは自分の現状を把握して、あとは予算と相談しながら、賢い買い物を選択して、「生える」ように頑張りましょう!