育毛治療に保険は使えるのか

薄毛の治療は発毛剤にも費用が大変。保険が使えるのはどんな場合?

最近では、若い世代、たとえば20代30代人によく見かけるAGAの症状。戦後これらが急増したと言われますが、そんなに古くまで振り返らなくても2,30年前と比べても、若い世代の人たちの薄毛は確かに増えているように思えますよね。

それなりの年齢ならいざしらず、未婚の若者の薄毛はどう考えても痛ましい。友人から聞いた話ですが、ある若い営業マンが上司と顧客からのプレッシャーから脱毛症となって、やむなくかつらを購入、しかもその人の場合油が浮くのでかつらは2つ必要だったとか。

この話を私に聞かせた友人はこの痛ましい話を笑いにして、嘲るように語りましたが、彼も10年を経ずして頭髪のほとんどを失いました。しかし、営業マンの方は何とか回復してかつらは不要となったようです。髪の毛の不幸に泣く者もそれを笑う者も終には薄毛対策に大枚をはたく結果となりました。不心得な友人はいざ知らず、この営業マンにとって若年の脱毛とは、人目にさらすことさえ耐えられないものだったに違いありません。

このように精神的なダメージは他の疾病と比べても軽いものとは言えません。このような深刻な事態における場合に保険は適用されないものか?

当然な質問ながら、残念なことには、薄毛治療に保険は適用されません。いくら精神的なダメージを伴うものであっても、生活習慣病の一種と考えられるものであっても健康保険は適用されません。現在においては育毛とは美容整形のと同じ扱いで、費用にかかわらず自費治療となります。

最近において、医薬品としてのAGA治療薬が日本で認可された場合にも自由診療としての認可となっております。誠に残念なことですが!