育毛剤を使うときの注意点

育毛促進剤を使うときに注意すべき3つのこと

世の中にはひとつの間違いなく法則が存在するようです。その法則にそって物事を行える人は成功するが、それが出来ない人は残念ながら何をしても失敗する、そんなものが存在するのです。その一つは因果の法則です。別にここで仏教の話をしようと思っているわけではありませんが、ごく簡単な話です、それは原因と結果の法則といっても良いでしょう。そして、それはごく短期的な視点で見えてくるものではなく、多くの場合長い時間を経て現れてくるものです。

育毛に関してもこの原則は確かに当てはまります。きちんとした育毛をしている人はちゃんと結果を刈り取ります。逆に、なんとなく育毛をしている人はどんな方法を試しても結果はいつも「効果がない!」の繰り返しです。以下にあげる育毛剤をしようする上で注意すべき3つの視点も、大きな枠組としてはこの因果の法則に則っています。

1, 育毛を始める前に頭皮の環境を整えることを忘れない
多くの人は不断の生活習慣やシャンプーの仕方を改めることをしないで、すべての責任を育毛剤にゆだねてしまいます。つまり、頭皮が育毛剤を受け入れる状況にないのに、高価な育毛剤を買って、振り掛けることだけするのです。その時に皆さんに是非考えてほしいのは、多少なりとも薬用成分が入っている育毛剤が効かないのはなぜだろうか?自分に何か改善できることはないのだろうか?ということです。

2.栄養分が無ければ髪は育ちようがない
皆さんに覚えておいて欲しいのは髪はケラチンを含めて大部分がタンパク質から作られています。ですから、タンパク質がなければ髪を生成するのは難しいということです。動物性タンパク質は同時に皮脂を体内に、頭皮に増やしてしまいますから、少なめにし、大豆製品に代表される植物性たんぱく質を取り入れるようにしてください。この「原因」がなければ髪の生成という「結果」がないのです。

3.育毛には時間がかかることを認める
上にも挙げましたが、原因となる事柄を行なっていても結果がすぐに出るとは限りません。逆に本当に価値ある結果がでるにはしばらく時間がかかります。わたしたちの周りのすべてのことにその法則は見られます。ダメな政府を作り替えるには時間がかかりますし、弱体化したチームを強くするにも時間がかかります。受験勉強で成績を上げるにもある程度の時間がかかり、筋トレをして効果が見えてくるのもしばらく時間がかかります。このことをみとめないで、数日、あるいは数週間で結果を求める、というは愚の骨頂と言わざるを得ません。見えない所で原因が働いているにもかかわらず、そしてそれがしばらく待てば結実するにもかかわらず、待ちきれずに続けることをやめてしまうのです。この点、途中であきらめてしまうことを避けるためには明確な時間表を設けることが助けになります。受験勉強だって、チームを強化することだって、スケジュール表があって、いまそれにそって物事をすすめている過程なんだ、そしていまは過程のどのあたりにいるのか、ということを日毎に把握することができれば、あせって続けることをやめてしまうことを避ける事ができます。ですから、少なくとも半年の「育毛スケジュール表」を作ることをおすすめします。そうすると、毎日あなたがいまその壮大なプロジェクトのどこにいるのかが確認できます。

育毛においてこの3つを、そして、その根底にある因果の法則を押さえることができれば、きっとあなたは成功することができます。