育毛剤より大切なこと

育毛剤を振り掛けるより大切なこととは?

ネットで「育毛剤」を検索すると、出てくる、出てくる、「これこそが効く!」「〇〇%の人が効果を実感!」といった自社の育毛剤こそがもっとも効果があるとの星の数ほどの広告。もちろん、わたしもいかなる育毛剤が無意味だと言いたいわけではありませんが、育毛というのははっきり言ってものすごく儲かる市場の一つではないでしょうか。わたしの友人の中には「若ハゲ」のたくさんの外国人がいますが、彼らは自分が禿げていることにコンプレックを感じていないことにある時気づきました。そして、禿げていてもかっこいい!

一方、多くの日本人がハゲることにものすごい恐怖を抱いています。ハゲたら人生が終わるともいわんばかりです。そして、こうした感情を煽るべくメディアやネットで禿げている芸人が笑いのネタにされ、薄毛になってきた俳優は悪いことでもしたかのようなな論調で扱われる、いま私は海外に住んでみますが、外から見るとこの「薄毛」に対する見方は異常と言わざるを得ません。

もちろん私も髪はないよりもあるほうがいいと思います。いろんな髪型ができますし、冬も暖かい。あと髪があったほうが若々しく見えますし、いろんな服も似合いますよね。それでも、ここで私がいいたいのはせっせと効かない「育毛剤」を頭に振り掛けるよりもまずはこの「薄毛」に対する見方を今一度見直しせんか?ということです。じつはそうして初めて広告に踊らされずに、本当に効果的な育毛方法に目を向けることができます。そして、その育毛方法はお金もかかりませんし、その効果は育毛だけでなく、他のところにも及びます。

簡単なことです、すぐに育毛剤で治そうとするのではなく、自分の生活習慣を見直しましょう、ということです。ストレスに晒された生活をしながら、タバコを一日に数箱も吸い、夜は同僚と毎日お酒をのみ、締めはラーメン、帰宅は午前様、睡眠不足の毎日を続ける中で育毛剤をせっせと振りかけて効くはずがありません。

生活習慣について論じ始めますと、長くなりすぎてしまいますので、ここでは簡潔に触れるにとどめますが、睡眠は最低7時間、タバコは絶対やめる、食事は脂っこいものをやめて野菜中心の生活、あとはサプリで髪に良い栄養を補う、これを半年続けてみてください、髪が劇的に増えることはないかもしれませんが、髪にコシが出てきていることが実感できるはずです。そして、こうした生活習慣は髪だけでなく、あなたの体の各部に良い影響を与えるのです。

こんなに大切で、簡単なこと、でもみんななかなか出来ないんですよね。本当に不思議です。