育毛剤 薄毛

育毛促進剤を使うときに注意すべき3つのこと

世の中にはひとつの間違いなく法則が存在するようです。その法則にそって物事を行える人は成功するが、それが出来ない人は残念ながら何をしても失敗する、そんなものが存在するのです。その一つは因果の法則です。別にここで仏教の話をしようと思っているわけではありませんが、ごく簡単な話です、それは原因と結果の法則といっても良いでしょう。そして、それはごく短期的な視点で見えてくるものではなく、多くの場合長い時間を経て現れてくるものです。

育毛に関してもこの原則は確かに当てはまります。きちんとした育毛をしている人はちゃんと結果を刈り取ります。逆に、なんとなく育毛をしている人はどんな方法を試しても結果はいつも「効果がない!」の繰り返しです。以下にあげる育毛剤をしようする上で注意すべき3つの視点も、大きな枠組としてはこの因果の法則に則っています。

1, 育毛を始める前に頭皮の環境を整えることを忘れない
多くの人は不断の生活習慣やシャンプーの仕方を改めることをしないで、すべての責任を育毛剤にゆだねてしまいます。つまり、頭皮が育毛剤を受け入れる状況にないのに、高価な育毛剤を買って、振り掛けることだけするのです。その時に皆さんに是非考えてほしいのは、多少なりとも薬用成分が入っている育毛剤が効かないのはなぜだろうか?自分に何か改善できることはないのだろうか?ということです。

2.栄養分が無ければ髪は育ちようがない
皆さんに覚えておいて欲しいのは髪はケラチンを含めて大部分がタンパク質から作られています。ですから、タンパク質がなければ髪を生成するのは難しいということです。動物性タンパク質は同時に皮脂を体内に、頭皮に増やしてしまいますから、少なめにし、大豆製品に代表される植物性たんぱく質を取り入れるようにしてください。この「原因」がなければ髪の生成という「結果」がないのです。

3.育毛には時間がかかることを認める
上にも挙げましたが、原因となる事柄を行なっていても結果がすぐに出るとは限りません。逆に本当に価値ある結果がでるにはしばらく時間がかかります。わたしたちの周りのすべてのことにその法則は見られます。ダメな政府を作り替えるには時間がかかりますし、弱体化したチームを強くするにも時間がかかります。受験勉強で成績を上げるにもある程度の時間がかかり、筋トレをして効果が見えてくるのもしばらく時間がかかります。このことをみとめないで、数日、あるいは数週間で結果を求める、というは愚の骨頂と言わざるを得ません。見えない所で原因が働いているにもかかわらず、そしてそれがしばらく待てば結実するにもかかわらず、待ちきれずに続けることをやめてしまうのです。この点、途中であきらめてしまうことを避けるためには明確な時間表を設けることが助けになります。受験勉強だって、チームを強化することだって、スケジュール表があって、いまそれにそって物事をすすめている過程なんだ、そしていまは過程のどのあたりにいるのか、ということを日毎に把握することができれば、あせって続けることをやめてしまうことを避ける事ができます。ですから、少なくとも半年の「育毛スケジュール表」を作ることをおすすめします。そうすると、毎日あなたがいまその壮大なプロジェクトのどこにいるのかが確認できます。

育毛においてこの3つを、そして、その根底にある因果の法則を押さえることができれば、きっとあなたは成功することができます。

育毛剤が効かない!でもあきらめるべきではない理由

わたしたちを取り巻く社会は高度にスピード化し、学校では学習の効果をすぐに発揮することが求められ、会社でも業績は目に見える数字ですぐに提示することが必要とされています。何か一つのことを時間をかけてじっくり進めていく、というのはもう時代遅れのようにみなされています。

育毛も同じです。消費者が「いますぐ効果を!」と求めるために、誇大な広告はより短期間で効果がでるように謳いますが、実際はそういうわけにはいきません。そうすると、わたしたちの多くが「話が違う!」といって、すぐにあきらめてしまうわけです。そういう方にはいつも植物の例を挙げます。もちろん、髪と植物は異なりますが、植物だって数週間肥料を足してあげれば、ぐんぐんと成長して、豊かな実を生み出す、というわけではありません。肥料を上げる前に土を耕したりして、環境を整えてあげなければならないのです。しかし、そうしたところを疎かにせず、きちんとすれば、春に行った準備は秋には目に見える形で、場合によってはその次の年にようやく目に見える形で報われるわけです。

ですから、効果がないように思えてもすぐにあきらめないでください。育毛にはそもそも時間がかかることを認めて、じっくり取り組むようにしましょう。以下に諦めるべきでない具体的な3つの理由をあげておきたいとおもいます。

1. 効果がないのは頭皮の環境が整っていないのかもしれない。
植物の成長に良い土地が必要なのと同じように、育毛には頭皮環境を整えてあげる事が必要です。実際、多くの方はこのステップを経ずにいきなり育毛剤を振り掛ける作業に入ります。耕されていない土地に栄養を与えても吸収できないのと同じように、硬くて血行が悪く、皮脂が詰まっている頭皮に育毛剤をかけても流れてしまうだけです。ですから、効果がないと感じた方は念入りなシャンプー、頭皮マッサージなどで頭皮を整えることをしながら育毛剤を使ってみてください。

2. 効果がないのは髪に必要な栄養が不足しているのかもしれない
食事がカロリーメートだけでは足りないように、髪の栄養も育毛剤だけでは不十分です。多くの育毛剤が頭皮を刺激してくれる作用を持っているものの、最終的に髪に必要な養分は結局あなたの食生活にかかっていると言えます。では、あなたの食生活はいかがでしょうか。野菜、植物性タンパク質中心ですか?それとも脂っこいものや食品添加物のたくさん含まれた加工食品をとっていますか?この部分を無視して、育毛剤だけを振りかけても、効果がありませんし、よくて現状維持でしょう。

3. 効果がないのは育毛剤がそもそも予定している時間が経過していないのかもしれない
そもそも育毛剤は通常、数ヶ月~半年の期間を想定して、商品を開発しています。すくなくともこのくらいの期間は使い続けないと効果がありませんよ、と説明書や注意書きにもはっきり書かれているのですが、人間とはなんとも都合の良い生き物で、見たいものだけ見て、見たくないことは無意識のうちに排除しているのかもしれないですね。

以上、3つの根拠をあげて、育毛剤の効果がないように思えても諦めるべきでないことをご説明しました。もう一度言いますが、すべてのことに言える一つの真理、それはあせって効果を求めるべきではない、ということです。

育毛剤が目に入った時にやるべきこと、やるべきでないこと

せっせとシャンプーのあとに育毛剤を頭皮に刷り込んでいたら、育毛剤が液ダレして、目に入ってしまった!という経験をされたことのある方は少なくないことでしょう。焦ってしまって、間違った対応することがないように前もって、育毛剤が目に入ってしまった場合にすべきこと、すべきでないことを覚えておきましょう。

まずすべきでないことですが、目に入ったからといって反射的に目をこすったりしますが、それは避けてください。目の中にますます液が入ってしまいます。育毛剤の成分のなかにはもしそれが目の中や周りに残留すると痒みや痛みを引き起こすものもありますから、まずは焦らずにぬるま湯でそれらを洗い流すようにしてください。そして、そののち、乾いたタオルできちんと拭ってください。

ほとんどの場合はこうした処置で問題ないと思いますが、どうしてもその後痛みが出たり、晴れてしまったり、痒みが残るようなら、早めに眼科に行く必要があります。育毛剤をつけてて、液ダレにして目に入ってしまったなんて、眼科の先生に話すのは恥ずかしいと考えて、自己流で処理しようとするとかえって悪化する可能性がありますから、気をつけてください。

上記にあげたような基本的なやるべきこと、やるべきでないことを覚えておられたら、もしも育毛剤が目に入ったときにも冷静に対応することができるかと思います。育毛の道のりは決して楽なものではありませんが、どうぞ乗り越えてふさふさの髪を手に入れてください!

話題の「飲む育毛剤」プロペシア、その効果の真相に迫る!

2005年に日本でも解禁になった「飲む育毛剤」プロペシア、数々の体験談を聞くと「振り返る育毛剤」よりも効果的であるとの印象を受けます。実際のところはどうなのでしょうか。これからプロペシアの使用を考えておられる方がいらっしゃったら下記の情報を参考にしていただけましたら幸いです。

プロペシアの主成分はフィナステリドで、もともとは前立腺治療に用いられていた医薬品です。まず注意すべきは医薬品ですから、副作用が出る可能性があるということです。もっとも国内でプロペシアの深刻な副作用は一件も報告されていません。多くの方がおっしゃるのはだるさや動悸、あるいは性欲の減退などですが、これは本人の自覚症状によっているところが多いですから、かなりの個人差があると言わざるを得ません。

あと副作用ではないのですが、プロペシアの使用を始めてから「初期脱毛」という言われる期間があることが知られています。これも全員が全員が出るわけではないですが、この期間をきちんと思いに停めておかないと、プロペシアの使用を始めて余計抜け毛がひどくなった!と使用を停止してしまう可能性があります。

さて、このプロペシアですが、最低半年は使用することが勧められています。一般的は仕様から3ヶ月が経過したころから効果をすこしずつ実感できるようになり、半年後にはほとんどの方が髪が増えた感じを味わえると言われています。ですから、逆に言えば、半年たったときにも何らの経験を実感できなければ、プロペシアはあなたには合わなかった、ということになりますので、使用を停止したほうが良いでしょう。

プロシペアは保険の適用がありませんので、医療機関で処方してもらうと費用がかかるのが頭の痛いところです。それで大勢の方がかなりの安価で購入できる通販を利用されていますが、通販では偽物を掴まされないように気をつけてください。

最終的には実際に試してみないと自分にとって効果的かわからないというのが正直なところでしょう。しかも一定期間の使用が必要ですから、忍耐強く取り組んでください。

もみあげを増やしたい!そんな方に効果的な育毛剤はこれだ!

別にもみあげをルパン三世やゴルゴ13のようにしたい、という方はいらっしゃらないと思いますが、もみあげが薄くて困っている、という悩みを持たれる方も結構いらっしゃるようです。では、もみあげが薄い方は通常のアプローチで育毛をすれば事足りるのでしょうか?

まず最初にもみあげが薄い方たちの原因を考慮してみる必要がありますが、たいていはストレスというふうに言われています。大勢の方々が悩んでいる男性型脱毛症とは、つまり側頭部、前頭部の髪が抜け落ちるとしても、側頭部の髪は残る薄毛ですよね。ほとんどの薄毛の方は真ん中は寂しくなっているけど、脇はまだしっかり残っている、という感じです。つまり、側頭部の髪というは相当抜け落ちにくいというわけです。時々、真ん中が寂しいから、せめてもみあげだけでも豊かに生やしておこうという怪しげなおじさんたちがいますのもそのせいです。

逆に言えば、先に側頭部から薄毛になっている、というのは男性型脱毛症ではなく、それゆえにもっと早く治療が必要である、という証拠です。では、具体的にはどこから対策を始めるべきなのでしょうか。

まずやっていただきたいことは頭皮環境を整えることです。良い作物は良い土地がないと育たないように、育毛のためには健康な頭皮が必要です。多少コストがかかるかもしれませんが、育毛専用のシャンプーを購入し、それでしっかりと頭皮を洗うようにしてください。もちろん、ただ皮脂を洗い流せばよい、というわけではありません。そういう発想でやっていますと、皮脂はさらに分泌されて、髪にベタつきが出てしまいます。何事もほどほどが大事です。

まず育毛環境を整えたのち、育毛剤を使用するようになさってください。あなたのもみあげもきっとゴルゴ13やルパン三世のように!というわけには行かないかもしれませんが、着実に成長していることが実感できるかと思います。

備えあれば憂いなし、育毛剤は何歳から使うべきか?

「ハゲること」に関する過剰なまでの恐怖心を煽られている日本社会においては、中学生や高校生も育毛剤を購入して予防しておいた良いと考えるようです。でも、育毛剤には同時に様々な薬用成分が含まれており、そんなものをそんなに早いうちに使い始めて大丈夫なのだろうか、と心配する方、あるいは保護者の方もおられるかもしれません。

もちろん、そうした薬用成分ゆえに早いうちから育毛剤を使うことによって頭皮が悪影響を受けたりすることはありません。ですから、何歳から使い始めて構いませんが、ただ育毛剤自体が何のために作られているのか、ということを考えなければなりません。育毛剤は抜け毛を防ぎ、育毛を促進するための製品です。ですから、抜け毛が気にならないのに、ただ、振り掛ければ良いというわけではないのです。

もっとも、予防しておきたいという気持ちは分かります。でも、予防は育毛剤ではなく別の方法で可能です。つまり、自らの生活習慣に注意することが育毛剤よりももっと効果的なのです。具体的にはタンパク質と野菜を中心とした食生活、十分な睡眠、タバコを吸わないことなどです。あとはシャンプーの仕方を若いうちにからしっかり学んでおけば大丈夫でしょう。特に若いうちは洗髪に関して正確な知識がありませんから、「髪を洗う」とはすなわち「頭皮を洗う」ことであることを学ぶ必要があります。

育毛の必要のない若者までもが育毛剤に目を向ける、これは過大な広告と、メディアの「ハゲは人に非ず」といわんばかりのイメージの植え付けの罪悪だと思います。若い皆さんはそうした周囲の情報に惑わされず、育毛に関する正確な知識を取り入れるようにしてください。

育毛剤とドライヤー、一緒に使って効果半減?!

皆さんが「気になる場所」に育毛剤をつけるのはシャンプーのあとが多いかと思いますが、シャンプーのあとにはドライヤーもかけるのが大抵の方たちの習慣かと思います。そこで問題になるのが、ドライヤーと育毛剤、いったいどちらが先なの?あるいはそもそも育毛剤をつけるときにドライヤーを使っても大丈夫なの?ということです。

結論から言いますと、ドライヤーは使っても大丈夫ですが、どう使うかには注意する必要があるということです。まず、大前提として育毛剤は髪がびしょびしょの状態では、効果を発揮できません。なぜなら育毛剤が油溶性であれば、水にはじかれてしまい、頭皮に浸透できませんし、水溶性のものであれば、残った水分で薄められてしまってやはり効果が半減してしまうのです。ですから、髪の毛は一定程度乾燥させてから育毛剤を使うときにはじめて育毛剤も効果を発揮出来ます。では、どの程度の乾燥が良いのでしょうか?

まず最初からいきなりドライヤーをかけるのではなく、タオルで水気をある程度とるようにしてください。ドライヤーはそれからです。それでも、完璧に乾くまでやる必要はありません。よく言われることですが、だいたい8割程度乾いたな、と思えばそこでストップしてください。残りの2割は髪の毛に残った余熱でOKです。

さて、そこからいよいよ育毛剤を塗っていきますが、その際大量に頭皮に振り掛ける必要はありません。頭皮がしっかりと吸収できる量をまんべんなく塗って行きましょう。人によっては育毛剤を塗って頭皮が濡れてしまうので、またドライヤーをかける、なんて方もいらっしゃいますが、それはやめてください。せっかくの育毛剤がドライヤーの熱で蒸発してしまいます。

以上、ドライヤーの使用で育毛剤の効果が失われることはありませんが、どう使うかはきちんと知っておく必要がある、ということをお分かりいただけたかと思います。せっかくの育毛剤、最大限の効果を発揮できるように使ってあげるようにしましょうね。

頭皮のべたつきが気になる方、育毛剤で解決?!

薄毛に加えて、頭皮のべたつきが気になる方の中にも育毛剤ですぐに解決しようという方がいらっしゃいます。もちろん、育毛剤で何も解決出来ない、というわけではありませんが、何事もそうですが、まずは、起きている減少の原因を分析することは大切です。

では、頭皮のべたつきはどうして生まれるのでしょうか?これは皮肉なことはではありますが、頭皮からべたつきをなくそうとすればなくそうとするほど、かえってべたつきが生まれるのです。頭皮には一定程度皮脂が必要です。ですから、それをすべて取り除こうとすると、頭皮は乾燥してしまって、その分泌を過剰にしてしまうのです。

ですから、頭皮が気になる方はすぐに育毛剤に頼ろうとしたり、洗浄力のより強いシャンプーを使ったりすると、べたつきはなかなか改善されないということになるわけです。べたつきが気になる→皮脂を必死に取り除こうとする→皮脂はさらに分泌される→またそれを覗こうとする→べたつきはさらにひどくなる、という負のスパイラルに陥ってしまうというわけです。

では、この負のスパイラルからはどうやって抜け出すことが出来るのでしょうか?ひとつは自分のシャンプーの方法を見なおして見ることです。ベタつきが嫌だからといって、過度に念入りすぎる洗い方をしていませんか?もし心当たりがあるようなら、洗い方をすこし軽めにして見ることができます。

また、皮脂の分泌のバランスが壊れるのはストレスや生活習慣の乱れが関係している場合も多くあります。ストレスを減らせって言ったってそんな右から左にできることではないでしょうから、一日の中ですこし自分をリラックスさせる時間を30分でも意図的に作るようにしてください。また食生活にも目を向け、脂っこいものを取り過ぎてないか、考えて見ることもできるでしょう。

いずれにしても、何でもかんでも育毛剤をささっと振り掛けることによって解決するわけではありません。まずは症状から、何が原因なのかを見極める分析力を身に付けるようにしましょう。

これだけは注意!毛生え薬が逆効果になる時

育毛剤をつけて早半年、広告では絶大の効果があるといっていたけれども、効果があるどころか、ますます薄くなっているのでは・・という方、少なくないと思います。それはもしかしたら育毛剤の使用の仕方に問題があるのかもしれません。以下に正しい育毛剤の使い方について一般的なお話をしてみたいと思いますので、いまいちど自分の使用方法を見なおしていただくことをお勧めいたします。

まず育毛剤を使用する前に頭皮を清潔にしておくことは重要です。それはあたかも植物に肥料をあげるまえにきちんと土を耕すことに似ています。シャンプーをしたあとは頭皮の毛穴が開いて、血管も拡張しているので、育毛剤を塗るには最適なタイミングと言えます。

またシャンプーをしたあとにすぐに塗るのはよくありません。それですと、まだ頭皮が濡れていますので、育毛剤がきちんと吸収されないからです。ですから、ドライヤーではなく、タオルで濡れた髪を拭いて、若干しめっているくらいの状態で育毛剤を使うのが良いといえます。

育毛剤はたくさん塗りたくる必要はありません。よくたくさん濡れば塗るほど効果が早くでるのでは、と短絡的なことを考える方がいらっしゃいますが、頭皮に吸収される量は限りがありますから、たくさん振りかけても、ただ頭皮の上をすべり落ちてしまうだけです。少しだけ、でもまんべんなく頭皮にかけたのちはマッサージを良くしてください。マッサージをする理由は頭皮の血行を良くし、育毛剤に含まれている成分の吸収をしやすくすることにあります。

あと、育毛剤の使用に関して逆効果になりうるのは、育毛剤を複数使用している場合です。育毛剤の複数使用自体が危険だったり、逆効果になるわけではありませんが、食べ合わせとおなじように、組み合わせを間違うと、副作用がでてしまったり、効果が半減する可能性があります。それで複数使用するときは、その組み合わせが問題ないのか注意書きを読み、それでもよくわからない場合は皮膚科の先生に相談するのも一つの方法といえるでしょう。

せっかく高いお金をかけて育毛剤を購入するわけですから、どうせ使うなら最大のパフォーマンスを発揮できる環境を整えてあげたいですね。

髪も人生も太く、長く!育毛剤を使う前に気をつけたいこと

人生は「細く短く」よりも「太く短く」という方がいらっしゃいます。どちらかというと無茶を顧みないで、猛烈に突進する方がそういう事をおっしゃいますが、わたしはそのうちの二者択一をする必要なはなく「人生は太く、長い」人生を送ることは可能だと思っています。ただ、そうすることは決して容易ではありません。良い計画と、それにそった毎日の不断の努力が必要です。

育毛も同じです。太くてコシある髪がきちんと成長していくためには良い計画と毎日の努力が欠かせません。簡単にいうと毎日の生活習慣が髪の太さにも反映されるのですね。男性でも女性でも髪にコシがないと全体的に髪型がぺちゃっとしてしまって、髪の本数が例え平均的でもなんとなく老けて見えてしまうものです。では、どうしたら髪を太い、コシのある状態に保つことができるのでしょうか。

その鍵は血管を良い状態に保つということです。つまり、血管の詰まりのなくし、血流を良くし、取り入れた栄養分が、もしくは育毛剤に含まれている成分が髪の毛根によく届くようにしてあげることが必要です。そのためには具体的に何をすべきなのでしょうか。たくさんのことが関係していますが、ここで取り上げたいのは運動の大切さです。運動が大切なのはなにも育毛だけに限ったことはではありませんが、運動の価値は新陳代謝を良くすることにあります。新陳代謝とは細胞が生まれ変わり、更新されることとも言い換えることができると思いますが、これは血行と密接な関係があります。つまり新陳代謝が活発であれば、血行は良くなり、血行がよくなれば、新陳代謝は促進されるというわけです。

あと運動の効能としては、禁煙が促進されるということもあります。運動を定期的に行うようになると、自分の心肺機能に敏感になります。マラソンでも他のスポーツでも自分の体力に限界を感じると、もっと体力を回復させるためには何ができるだろうか、と自然に考えるようになるものです。そのなかで喫煙が自分の心肺機能にいかに悪影響を与えているかに今まで以上に敏感になりますから、自然と禁煙へのモチベーションが高まるというわけです。そして、喫煙は血行を悪くし、育毛にとっても大敵ですから、結果的には育毛にも良い影響があるのです。

さて、このようにまず運動によって育毛環境を整えた後、育毛剤を使うなら、その成分は血流にのって十分に髪の毛根に働き、予定されている最大限の効果を発揮することができるようになるでしょう。